葉酸とカルシウムを一緒に摂取できる葉酸サプリは?

カルシウム
葉酸とカルシウムを一緒に摂れる葉酸サプリを購入したいけれど、販売されている種類が多いのでどれが良いのか選びかねている、という人もいるかもしれません。

妊娠中でもそうでなくても、葉酸・カルシウムは積極的に摂っておくべきでしょう。

ここではその理由と、どんなサプリを選んだら良いかについて説明していきます。

妊娠時は葉酸とカルシウムを一緒に摂取すべき

とくに妊娠中は、葉酸はもちろんのこと胎児によるカルシウムの需要が著しく増える時期でもあります。

小さな赤ちゃんといえど1人の人間の歯や骨をお母さんからの供給のみで作り上げてゆくわけですから、カルシウムが不足することによって母子ともに影響が出るのは、まったく不思議ではありませんね。

妊娠中にカルシウムが不足すると、お母さんが骨粗しょう症になったり歯が脆くなったりと、永続的な悪影響を及ぼします。

またカルシウムは胎児の成長や大人の歯や骨の成長・強化に使われるだけではなく、体の生理機能の調整や筋肉の収縮、神経伝達物質の分泌に高血圧の予防と、じつに幅広く活躍するものです。

体内での消費量が多いことから、不足分は骨や歯から溶かし出してさまざまな用途に使われるため、きちんとサプリから摂ってあげることで骨を強く保つと同時に体の機能の保全も滞りなく行うことができるのです。

葉酸だけでなくカルシウムも含むサプリを摂ることで、不足しがちな部分を補ってあげることが大事です。

1日の葉酸・カルシウムの所要量は?

成人の葉酸の1日の所要量は200㎍、妊婦になると、倍の400㎍を毎日摂ることが厚生労働省より推奨されています。

また授乳婦の場合1日に280㎍の葉酸摂取がすすめられているため、少なくとも授乳が終わるまでは葉酸サプリを摂取する方が好ましいということになります。

カルシウムに関しては、非妊娠時は600mg、妊婦は900mg、授乳婦は800mgの摂取が推奨されています。

これは普通の食事から摂るにはかなり多めの設定ですから、やはり葉酸と一緒にサプリで摂ることをおすすめします。

葉酸とカルシウムを一緒に摂取できる葉酸サプリ

上記の葉酸・カルシウムの所要量を見ると、それだけの量をカバーするサプリがあるのだろうかと心配になるかもしれません。

ですが普段の食事から摂る分を引いて考えた場合、必ずしも所要量すべてをサプリから摂る必要はありません。

ただし妊娠中の葉酸に関しては、「食事以外のサプリから」の400㎍の摂取が定められています。ですからそれは守る必要がありますが、いま市場に出回っている妊活・妊娠向けの葉酸サプリはほとんどが400㎍を基準に製造されているため、問題ないでしょう。

カルシウムに関しては注意が必要で、とくに日々の食生活で不足していると感じている人は、少なくとも200mgのカルシウムを含む葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ